新郎の衣装は新婦のドレスより費用はかからず、数も多くはないです。
しかし最近は、新郎衣装の専門店もあり、衣装にもこだわる新郎が増えてきました。
新郎の衣装でのポイントはなんと言っても「格」の部分です。
メンズフォーマルには時間帯によってそのスタイルが変わってきます。
今回はメンズフォーマルの知識を知って、恥ずかしくない紳士な衣装の選び方をご紹介します。
●モーニングコート
朝〜午後6時頃まで昼間の挙式、披露宴に着用する衣装。
●ディレクターズスーツ
昼の準礼装。形は、モーニングコートの丈が短くなった衣装
●燕尾服(テイルコート)
午後からの挙式や披露宴での正装が黒の衣装。
前身頃は短いが、後身頃が燕の尾のように長い。
●タキシード
夜の準礼装。近年は昼夜時間に関係なく着られている一般的な衣装。
結婚式の参列側として着用することも可能。
●フロックコート
時間帯は関係がなく、一日中フォーマルとして着用可能の衣装。
礼装とされているスーツの原型で、膝下まで伸びる長い着丈が特徴の衣装。
以上が大体のメンズフォーマルの説明です。
時間帯によって着用する衣装が違うのがわかりますね。
もちろん衣装室の方が時間帯にあった衣装をおすすめしてくれますが、
新郎ならば先にこの知識を身につけておきたいもの。
厳密にこれでなくてはならないということは、実際の現場ではないようですが
恥ずかしくない格式の高いパフォーマンスで登場したいと思うのが男心だと思います。
「新郎の衣装は、どうせ新婦より数少ないしいいや」と思うのではなく、
花嫁のドレスに合わせた格式のメンズフォーマルを選び、衣装にもこだわりをもって結婚式を迎えてくださいね。
メンズフォーマルに詳しいと、新婦からも一目置かれることと思います。