結婚することが決まった時、とても幸せな気持ちでいっぱいになります。特に女性の場合は、どこの会場で結婚式しよう、どんなドレスを着よう、和装もやってみたいな…などたくさんの思いがあふれてくることでしょう。どんな結婚式にするかを考えるのが楽しみのひとつでもあります。しかし、実際東京都内であれば結婚式場の数はものすごく多く、決めるのにも一苦労。そこで多くのカップルたちがブライダル雑誌を片手に、どんな会場があるのかを調べたり、インターネットでホームページをチェックしたり、口コミを気にしたり…とまずは会場探しを一生懸命行うのですが、これが本当に一苦労でこれだけで疲労になったりすることもあるでしょう。
そして、ようやくいくつか候補の会場を探し出し、ブライダルフェアへ参加。最初の1.2件目のブライダルフェアは初めてということで、夢がふくらみとてもワクワクし、素敵な会場や演出、そして豪華なチャペルにかわいいドレス…と素晴らしいものばかり。この会場もいいなと思って、具体的な費用を考え始めたりします。
しかし、もちろん下見の一件目で決まることはなかなかありません。
他の場所の会場も見てみたいし、挙式スタイルも色々あるのでさらに迷ってしまいます。
そのうちに自分のやりたいことがなかなか出来ない場所が多く、理想と現実のギャップに陥ります。
多くのホテルや婚礼会場と呼ばれる場所では、結婚式のカタチも旅行の予約のときのようにパッケージプランが多く、全部を自分で自由にプログラムすることはなかなか難しいのが現状です。
その場合、せっかく沢山のフェアに参加しても結局は時間を費やしただけになってしまうと思います。
まずやるべきことは自分たちがどのような結婚式をあげたいのかを明確にし、一枚の紙に理想をすべて書くと良いでしょう。
その理想をすべて叶えることが出来たら一番ハッピーなのですから、
会場決めのポイントは、自分たちの思い描く結婚式を考え、それに当てはまる会場を探していき、電話で出来ることや出来ないことをヒアリングします。おおよそプラン通りにいけそうな場所だと判断したらフェアに参加し、具体的に話を聞いてみると効率が非常によくなります。
限られた時間の中での会場探しはとても大変なので、まずは見に行こうではなく、自分たちの理想に近い場所だけを下調べで限定し、効率よく見に行くことが一番ストレスのない会場の選び方になります。